tobyo #3 第三の手紙

Q11: ただ一回の診察で退院させてくれるというのもナンかスゴいですけど、退院理由は何ということになってるんでしょう。

  任意入院なので、本人の意思ということで。

Q12: お見舞いのひとっていっぱい来るんでしょうか?
お見舞いの人が来ると看護婦さんの態度が変わったりするんでしょうか?


 そんなに来ませんねえ。看護婦の態度もそんなに変わらないですけど、鍵を開けなきゃいけないんで少し面倒臭そうでした。 

Q13: おむつってことは痴呆のおとしよりなんかが一杯いらっしゃるんでしょうか。やっぱり拘束とかしてるんでしょうか?

 いますねえ。いっぱい。拘束なんてあたりまえの世界ですよー。寝るときだけじゃなくて、食事中も足や腰を拘束してるんです。ある時なんて、足を拘束されていたおばあさんが、泣きながら椅子に拘束されている足で椅子をひきづって歩いていました。それを見たときは、なんだか悲しかったです。        

Q14: 看護婦さんて若い姉さんなの、そうでないひとなんでしょうか、それともいろんなかたがいらっしゃるんでしょうか?男の看護士さんなんかもいらっしゃるんでしょうか。

 いろんな人がいます。でも、そこまで若いっていう人はいなかったです。私がいた病棟には男の看護士さんはいませんでした。他の病棟にはいるかも。。。

Q15: その病院て治療するトコなんでしょうか?閉じこめておくとこなんでしょうか?

 一応デイケアや集団療法、カウンセリングなどあるんで、やる人はやってたみたいだけど。やってない人の方が多かったし、どちらかというと「閉じ込めておくとこ」って感じがします。
[前へ] [次へ]
[Home] [目次]