闘病記II 目次

久しぶりの入院である。しあわせをかみしめるひとなのであった。

 [Home]